Be Happy-Go Lucky!

Retro Mania Blog.

Blog Search
Monthly Archive
Profile

co_nyan

  • Author : co_nyan
  • はじめましてコニャンです。
    1964生まれ。
    滋賀県出身/在住。

    古くて味のあるモノが大好き!
    流行は追わず終った流行を検証するのが楽しかったりします。

    音楽は、50-60'sのRockabillyやJazz/80's前後のJPopも大好きです。

    このブログでは、集めたアナログなコレクションや、好きな音楽・なにげな日記を中心に書き綴って行きます。

    いつでも遊びに来て下さい。
    お待ちしてます!

RSS Feed
New Arrival
Comments

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コニャンさん

娘さんのご卒業、おめでとうございます。
「卒業」という言葉にはいろんな思いが蘇ります。
この年齢で思い出すのはやはり父母の姿ですね。
彼らがいてくれたからこそすばらしい学生時代が
過ごせたように思います。

>>小さなファインダーの中で喜びを完結させてしまう姿が
子どもの成長の喜びよりも・・>>>
本当にその通りだと思います。
携帯で手軽に写真を取れる世の中になってしまい、
自分の目で焼き付けられるべき思い出や印象的なシーンが
薄っぺらな画像でしか思い起こせないのは悲しいですね。

菊池桃子ちゃん、「卒業」の象徴ですね~、懐かしい~。
大学の時の彼が大ファンでした。
なんで私なんかと付き合ったのか、今頃になって腑に落ちません(笑)

2010.03.29  Hanako  編集

コメントありがとうございます。うれしいです!

Hanakoさん こんばんは!

おかげさまで無事卒業できました。
既に次に向かってアレコレやってるようです…。

撮影のことですが、自分の場合特にビデオなんかは画像も音も鮮明になり過ぎて、
それがリアル過ぎてかえって気持ち悪く、受け付けません。
どうもダメです…。
節目節目のことは、頭の中でなんとなく美化させながら、
心の中でとどめておけることが理想ですかねー。

菊池桃子さんは、CFでもまだまだ見かけます。
相変わらずカワイイですね!
自分も結構好きでした。
ただ、ファン感情と恋愛感情は違うので、
現実的な部分でHanakoさんに魅力があったんですね!
自分は普通に腑に落ちますよ!(笑)
あと、過去の経験から「なんで私なんかと付き合ったのか」
なんて言う人ほど魅力的だったりしますよー。

2010.03.31  co_nyan@管理人  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

卒業式に行ってきました。

2010.03.19

category : Diary

今日は娘の卒業式。
運悪く?6年生でPTA役員に当たってしまった妻は来賓の方々とともに来賓席にいる。なので、夫婦揃って見ることはできず、「おっさんがひとりで」というなんだか誤解されそうな雰囲気(被害妄想?)の中、一般席、それもかなり後ろから見届けることになった。

天気もよく、卒業式そのものはとてもいい雰囲気の中滞りなく終了した。そして自分としては、式そのものをこの眼で見届けることに成功した。ヘンな書き方だが、ようするにカメラを持ち込まずに肉眼だけで見ることができたということだ。

実は前から小さなファインダー越しに運動会や合唱コンクールを見るという一連の親達の姿には自分なりに違和感があった。せっかくの臨場感や周りの雰囲気を感じないまま、その小さなファインダーの中で喜びを完結させてしまう姿が子どもの成長の喜びよりも自分が取材をする喜びに置き換わっているような気さえするからだ。毎年場所取りが激化し、喧嘩などの事例も多いと聞く。自分の場合は卒業式なんて一生に一度しかないんだから、一度キチンと見ればそれでいいという考え方だ。

そんなワケでおっさんとのボヤキみたくなってて恐縮なんだけど、やはりこの季節「卒業」を題材にした曲やアルバムが注目されることも多いですね。(ムリヤリな展開)

自分の場合は、この季節真っ先に浮かぶのがこの「菊池桃子 スペシャルセレクションⅠ」
秀逸なジャケット!卒業というひとつの青春の区切り、そしてその切なさが構図から溢れてます。
みんなからから好かれていた美少女を後ろで見守るクラスメイト…。

【今まで楽しかったね…。でももうみんな離ればなれなんだね。これからみんな大人になっていくんだね…。青春のいじわる。】
そんなカンジでしょうか。菊池桃子の凛とした表情はもちろん、後ろのクラスメイトの髪型も当時の雰囲気が醸し出されているし、制服もタイトルもシンプルそのもので、とても好感が持てます。


とまあ、思いつくままいろいろ書きましたが、とにかく無事卒業できた訳で、親としてもそれなりにいろいろやってきました。長かった?と聞かれれば「長かったです。」いろいろなことがありました。それは娘も同じなはず。でも感傷に浸れるのも今日だけ。明日からは入学する中学から出されている膨大な宿題の残りと入学前英語講座の受講が待っています。(入学前から実際の教室で授業ってところが笑わせます。多分この時点で友達ができると思われるので、入学式の緊張感ゼロ予定。)

そんなわけで、春休みがあるのかないのかわからないまま、入学式を迎えそうです。親としては安心なのですが、娘にとってはそんな状況こそが「青春のいじわる」的に映っているのかもしれません。

コメント

コニャンさん

娘さんのご卒業、おめでとうございます。
「卒業」という言葉にはいろんな思いが蘇ります。
この年齢で思い出すのはやはり父母の姿ですね。
彼らがいてくれたからこそすばらしい学生時代が
過ごせたように思います。

>>小さなファインダーの中で喜びを完結させてしまう姿が
子どもの成長の喜びよりも・・>>>
本当にその通りだと思います。
携帯で手軽に写真を取れる世の中になってしまい、
自分の目で焼き付けられるべき思い出や印象的なシーンが
薄っぺらな画像でしか思い起こせないのは悲しいですね。

菊池桃子ちゃん、「卒業」の象徴ですね~、懐かしい~。
大学の時の彼が大ファンでした。
なんで私なんかと付き合ったのか、今頃になって腑に落ちません(笑)

2010.03.29  Hanako  編集

コメントありがとうございます。うれしいです!

Hanakoさん こんばんは!

おかげさまで無事卒業できました。
既に次に向かってアレコレやってるようです…。

撮影のことですが、自分の場合特にビデオなんかは画像も音も鮮明になり過ぎて、
それがリアル過ぎてかえって気持ち悪く、受け付けません。
どうもダメです…。
節目節目のことは、頭の中でなんとなく美化させながら、
心の中でとどめておけることが理想ですかねー。

菊池桃子さんは、CFでもまだまだ見かけます。
相変わらずカワイイですね!
自分も結構好きでした。
ただ、ファン感情と恋愛感情は違うので、
現実的な部分でHanakoさんに魅力があったんですね!
自分は普通に腑に落ちますよ!(笑)
あと、過去の経験から「なんで私なんかと付き合ったのか」
なんて言う人ほど魅力的だったりしますよー。

2010.03.31  co_nyan@管理人  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
Calendar
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
京都
Multiple News RSS (Select)
Asahi Shimbun Digital
1px
free_aria
Blog Photo By flickr!

Roy Tanck's Flickr Widget requires Flash Player 9 or better.

frickrlogo2
Links
admin

Copyright ©Be Happy-Go Lucky!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.


まとめ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。